◆新着記事一覧◆

2012年12月17日

群青 海街diary5 吉田秋生



優待株取得タイミングを掴めっ!! 3ヶ月景気先行予測指数はコチラ
海街diary(うみまちダイアリー)5 群青 (flowers コミックス) [コミック] / 吉田 秋生 (著); 小学館 (刊)

鎌倉を舞台に4姉妹を丁寧に描くマンガの5巻目です。
この4姉妹、末っ子のすずちゃんは母親違い、いわゆるステップファミリーです。でも、いい関係なんですよ、この4人。たぶん、上のお姉ちゃん3人がもう十分に大人ですずちゃんはまだ中学生だからうまくいくのかもしれません。年が離れてる分すずちゃんもぎこちないながらも上の3人に甘えられるし、上の3人もすずちゃんを甘えさせる余裕があるのかな。でも、お姉ちゃん達だって生身の人間だし社会人として悩みもあるし、恋愛だってしますよ、ダメだと判ってても好きになる時は好きになるし。

今回は、いつもより少し重いかもしれません。もちろん、すずちゃんの初々しい恋愛もあるし、お姉ちゃんたちの生活もあるけれど、メインは食堂のおばちゃんとすずちゃんの叔母さん。
一人でがんばってきた海猫食堂のおばちゃんの見事な最期。余命を知っても普通の生活を送り、自分で自分の仕舞いをつけるって中々できるものではありません。だからこそ彼女は事前にそーっと準備を進めていたんですね。わたし自身も常々最期の準備をしなくちゃと思っていたのでこのマンガを読んで尚その気持ちが高まりました。

あ、そうそう。
このマンガ、悪い人がいないんです。みんなどこかでつながっていて、みんなが誰かをちゃんと思ってる、そんな優しい話。中でも要所要所でいいことを言ってくれる謎のアフロ店長が結構好きです。そして、関西弁で無愛想な喫茶店のご主人も好き。

「晴れた日は空が青い。どんな気持ちの時もそれは変わらない」
ホント、そうだよね。嫌なことがあった時ほど空の青さが目に沁みて、泣きたい気分なんてどっかに行っちゃうし、ささいな事で悔しいと思っても青い空を見上げたら何でもないことに思えたりする。

それはきっと群青の空、なんでしょうね。


560円也

written by 宇川晶

書評・レビュー ブログランキングへ


株式システムトレード ブログランキングへ


株主優待 ブログランキングへ




posted by lucky cat at 12:46
web拍手 by FC2
| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック